アロマオイルと睡眠の関係性

アロマオイルには不眠に効果がある香りがいろいろあります。
不眠症の人は病院での治療が必要ですが、その他に自分に合ったアロマオイルを使って、
その安眠効果を試してみてはいかがでしょうか。
安眠効果で特に有名なのがラベンダーの香りです。
ラベンダーの香りのアロマオイルは特に人気が高く、手に入れやすいものです。
ストレスの軽減や、精神的な不安を取り除くという特徴があるといわれますので、
少し落ち着かない時に使ってみるのがいいでしょう。
精神安定効果があるアロマオイルとしてはベルガモットやジャスミンにも同じような働きがあります。
不眠症の人は購入して試されてはいかがでしょうか。
こういった効果があるアロマオイルはすぐに眠くなるというものでもありません。
部屋に香りを広がらせて使う芳香浴や、お風呂で使ってみるという方法があります。
芳香浴では、寝る前に部屋を暗めにして、30分間ほどその香りを嗅ぎます。
キャンドルだと火の危険がありますので、必ず眠る前に火を消すようにしましょう。
そのまま眠りたいときにはタイマーで電源が切れるアロマライトを使用するのが便利です。
香りは軽く香る程度に。きつすぎると余計に眠りを妨げます。
お風呂でアロマオイルを楽しむ場合は、半身浴をしながら香りを嗅ぐとより効果があります。
お湯に直接アロマオイルを垂らしてもいいですが、浴室でアロマキャンドルを使うのもいいでしょう。

あ、そうそう。アロマオイルを買うときには売れ筋アロマオイルも確認してくださいね

30/06/2012Permalink Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>